むらかみ歯科は栃木県宇都宮市でマイクロCTなどの最新歯科医療将来の最新歯科医療を目指しております。


高度歯科医療を支える機器
常に次世代の高度先進医療を目指し、むらかみ歯科医院では様々な機器を導入しております。これらの機器はわれわれ歯科医師の大きな手助けとなり、より正確な診察へと導くもので、患者様への大きなメリットとなっております。
滅菌システム
院内感染を予防するための大切な機械です。患者さんの口に触れるものはすべて完全滅菌できる機械にかけます。またその他は使い捨て(エプロン、コップ、注射液 注射針など)のものを使用しております。
また滅菌は洗浄 消毒 滅菌 パッキングまで専任のスタッフが行っております。
詳細ページ
3DXマルチイメージマイクロCT
夢の3次元X線診断が実現
アゴの骨、歯など頭や、その周辺組織を世界最高水準の鮮明な3次元立体画像で撮影可能です。 全国でも大変希少な機械です。 最大の特徴は、「低被爆」で「高解像」ということです。 これにより、患者様の負担を最小限に抑え、インプラント、矯正治療、歯周治療において、詳細な情報を得ることが出来るため、 ハイレベルな治療を可能にしました。 当医院では、安全で患者様の負担の少ない治療を目指しています。
デジタルパントモ(SIRONA ORTHOPHOS XG 3D)
従来型の装置と比較して、日々の診療にて用いられるパノラマX線写真や矯正治療などで用いられるセファロ写真で撮影した画像は、ほとんどの診断場面でも十分な情報を得ることのできる高精細な画像になりました。そのため、2次元像の写真による診査・診断の上で、従来より高いレベルで行うことができます。

本装置におけるCT撮影の特徴は、迅速な診断と低被ばくを同時に実現するのが特徴です。本装置はたった1回のスキャンで顎全体の撮影が可能なため、患者様のご負担をより軽減いたします。適度な大きさの撮影範囲(直径8×高さ8㎝)により、一画面で広い診断領域を観察することができ、日常診断の様々な診査・診断に使用することができるようになりました。また、直径5×高さ5.5㎝の100μm解像度での撮影モードが追加されたことにより、低被ばく線量でより鮮明な3D画像を得ることができるようになりました。
電子カルテ
カルテ記入業務は電子カルテで行っております。 電子カルテ導入によりカルテ記入時間が短縮でき 患者様の治療に専念できるようになっております。
更に高度なセキュリティーにより個人情報が保護されております。
イントラネット
口腔内写真、X線映像は、全てデジタルデータ化されており、 イントラネットにより共有化されているので各診察室にあるパソコンでも随時画像を見ることが出来ます。
オクルーザー
噛み合わせの力を測定し、左右のバランス、咬む力の大きさや強く当たっている部位等を調べます。
顎関節症の診断、ブリッジの調整等に用います。
鋳造機・ミリングマシーン
ヘラウス社(ドイツ)の鋳造機やミリングマシーンを用いて補綴物を製造しております。この機械は、世界中の鋳造機の中でも高性能、高精度で、くるいの少ない精密な補綴物を製造できます。